HOME > 園日記

園日記

幼稚園部玄関の水槽。

そういえば、タイトルにある通り、春に水槽が一新されました。とはいってもそれまでいたお魚さんたちをどうこうしたわけではなく、その子たちは一旦専門の業者さんに大切に預かってもらい、そのうえで新しくなった水槽へ他の仲間たちも加わってのお引越し、といった流れでした。定期的に専門の方に清掃やごはん、そして飾り付けをしていただき、子どもたちも楽しんでくれているようです。今回は最近の様子をお伝えします。

水槽の中に誰かいますね。だれでしょう? ↓

おわかりでしょうか?

3階ホールの工事について

まずはタイトルの通り、3階ホールにエアコンが設置されました。これまでは灯油のヒーターはあったのですが、夏場の対応は『ホールの奥にある二つの部屋のエアコンをつけ、その冷気をサーキュレーターや扇風機でホール内に流す』というものであったため、ホールを使用する際は事前に準備が必要でもありました。そこで、今年の大型連休(5月)の際に、灯油ヒーターの撤去とエアコンの設置工事を行った次第です。3階ホールは先生や保護者と一緒に過ごすことが大前提の場所のため、子どもたちだけで遊ぶことはありませんが、先生と一緒に上がって絵本の貸し出しを行う場所でもあったりと、子どもたちにとっては少し特別な場所のようです。ほかにも0歳児さんから2歳児さんまでの子どもたちと保護者の方が、幼稚園の先生たちとも一緒にレクリエーションなどをしながら過ごす『パピールーム』の部屋としても使われます。3階ですので上がるのはなかなか難儀かと思いますが、来て頂けば、そこは周囲をほとんど気にしなくても良い空間があります。先ほど述べました『パピールーム』は5月の末より開講しています。沢山の可愛い子どもたち、そして保護者の皆さん、お待ちしていますね。

階段踊り場のお花。

幼稚園部の玄関を入り、廊下の左手にある階段を上っていくと。そこに先生が置いてくれているお花が目に入ります。落ち着いた雰囲気と一定の華やぎが感じられる瞬間です。こういった心配りをしてくれる先生たちに感謝です。

外の眺めとのバランスが良いです。

あっという間に。

タイトルにある通りですが、ふとそう感じたことをそのまま書いてしまいました。とはいえ、子どもたち、そして保護者を取り巻く社会的な変化の速度はやはり、以前と比べて著しいように思います。平成27年度より始まった子ども子育て支援新制度から5年目の令和元年に、幼児教育・保育の無償化が始まります。保護者の金銭的な負担が減ることはとても良いことです。ですが、この無償化についての理解がどこまで浸透しているかといえば、まだ道半ばと言えます。私たちはできる範囲において、必要に応じて保護者の皆さんに制度についての説明を行っていく必要がありますが、この文章を書いている時点においてはほとんどお話しできることが無いというのが実情です。とにもかくにも制度がどのように変化をしていくにしても、私たちの基本はこれまでと変わらず適切な保育そして、適切な幼稚園教育を行い、就学へと繋げていくことにつきるので、その原点を見失わぬよう、取り組んでいくしかありません。

入園式でした。

3歳から始まる『幼稚園部』の入園式を執り行いました。園の先生と一緒に親子で行う手遊びでリラックスしてもらい、入園式の始まりです。途中で先生たちによる劇をお見せするのですが、いつにも増していっしょうけんめいに見入ってくれている様子がとても印象的でした。最後の集合写真の時も頑張りましたね。きっと素敵な写真が出来上がってくると思いますので、楽しみにお待ちいただければと思います。

保育園部から進級した子も、初めて幼稚園に通うことになる子も、京王幼稚園で過ごす時間が将来、心の中の大切な原風景となってくれることを願い、保護者の方々と共に、子どもたちに寄り添いながら過ごして参ります。

カモさん。

幼稚園の裏には川が流れています。この時期になると、その川には沢山のカモがやってきます。当たり前ですが野生なので、一定の距離以上には近づかせてもらえません。なので載せている写真も頑張ってズームで撮ったものなのではっきりとは見えないです。が、カモさんは可愛いですね。

見にくいですが、親子と思われます。

雨のせいで水が随分濁っていますが、カモたちは平気なようです。

おもちつき会。

1月18日(金)、おもちつき会を行いました。まだもち米の粒がある状態のお餅を仕入れ、そこから「うす」と「きね」を使用し、ついていきます。だんだんと粒がなくなり、きめの細かいふっくらとしたおもちができあがります。合間におもちを持ってまわり、実際に目の前でこどもたちみてもらうと、「おーっ!」「うわあー!」「おもちだぁー!」などなど、とても嬉しい反応を返してくれます。その後は子どもたち先生たちの力を借りての実際のおもちつきを体験します。そして、ついたおもちは給食の時にけんちんうどんの具として頂きました。皆、沢山おかわりしてくれていましたね。

実際におもちをつくのは年長(ゆり組)さんたちです。

先生にも手伝ってもらいながら、一生懸命にきねを持ち上げます。

さあ、おもちつきも終盤にさしかかってきましたね。

新年を迎えましたね。

今年はいよいよ「平成」最後の年となりました。当たり前ではありますが幼稚園に通ってきてくれている子どもたちは、皆が平成の生まれです。子どもたちが大人になった時に平成を思い返した際、少しでも楽しい記憶を思い浮かべられるよう、残り少ない平成を普段と同様に大切に過ごしていきたいものです。

いよいよ『発表会』が近づいてきましたね。

12月15日(土)は、幼稚園部(3,4,5歳児クラス)の発表会です。先日は二日に渡って行われたリハーサルを観させてもらいました。まだ完成度的には伸びしろがあるクラスが多かったのですが、それでも子どもたちが自分たちで演目を選び、内容をアレンジし、実際に演じてみる、ということは、相当に責任感や自負といった重圧(悪い意味ではありません)がかかることは容易に想像できます。その中で、少し離れたところで観ていた私にも感じられる熱気がすごかったです。沢山の人たちの前で演じることで、わくわくする気持ち、どきどきする気持ち、心配する気持ち、様々な気持ちがステージの上で垣間見られることと思いますが、そういった全てを含めて、沢山の応援と拍手を頂けたなら子どもたちにとって、そして全ての教職員にとっても幸いです。沢山のご家族のご来園、お待ちしていますね。

リハーサルの様子をビデオで撮影し、振り返りに活用します。

本番さながらの盛り上がりでしたよ。

保育室などの照明を交換しました。

10月に園内の照明をより明るいものに交換しました。すでに3年ほど前にLEDへ換えていたのですが、園内環境の点検や各種検査を行って下さっている薬剤師先生ともご相談し、実施しました。外が暗い日中もですが、暗くなってから園内で過ごす子どもたちにとっても明るいほうがより過ごしやすいのでは、ということも交換を行った大きな理由の一つです。

保育室はこうなりました。以前に比べて約2倍の明るさとなりました。

廊下は全てダウンライトに交換しました。こちらも以前と比べて約2倍の明るさとなりました。

このページの先頭へ