HOME > 園日記

園日記

階段踊り場。

2階へ上がる階段の踊り場に新しい仲間が加わりました。

早く雪が降るといいですね。子どもたちも待ち焦がれています。

新年を迎えて

令和2年を迎え、数日が経過しました。あまり天候がよろしくないため子どもたちは園内で過ごすことが多いですが、幼稚園では保育室以外にも2階と3階にそれぞれあるホールを活用し、有り余るエネルギーを発散して、少しでも幼稚園での時間を楽しく過ごしてもらえればと思います。

1階から2階への階段踊り場に置いてあります。先生が定期的に作成してくれており、なかなかの完成度です。

いよいよ発表会が近づいてきました。

12月7日(土)は、いよいよ発表会本番です。ばら組、すみれ組、ゆり組の各クラスでもって、本来ある物語から演目を決め、話し合いを行い、アレンジを加えながら作り上げてきた作品になります。先日は園内の全ての子どもたちをお招きしてのリハーサルを見せてもらいましたが、良い意味での緊張感もあり、見ごたえのある内容となっていました。当日はさらに多くのお客様の前での発表となりますので、緊張感がより高まる姿もあるかと思いますが、沢山の応援を宜しくお願い致します。

         

       

      

     

冬が近づいていますね。

文化祭も無事に終えることができ、いよいよ冬が近づいてきました。園の裏を流れる栗の木川にはカモさんたちが、はるばる遠くからやって来ています。

並んでひなたぼっこでしょうか。

ふっくらとしていてとても可愛いです。

ハロウィン

タイトルにある通り、園内にもハロウィンに関わるものがちらほらと増えてきています。ハロウィンの意味合いなどは正直良く分かりませんが、色合いが温かくて良い眺めですね。

2階へ上がる階段の踊り場です。

幼稚園部玄関内にある水槽です。子どもたちから教えてもらいました。

幼稚園部玄関の水槽。

幼稚園部の玄関に置いてある水槽ですが、定期的に専門の業者さんにお世話をしてもらっており、中のマスコットも時々入れ替えてくれています。大人よりも子どもたちの方がその変化に先に気付いて教えてもらっています。

子どもたちの目線で撮ってみました。

可愛いですね。

運動会を終えて。

9月7日(土)に鳥屋野体育館において、第28回目の運動会を行いました。今年は天気には恵まれたのですが、気温が30℃を超えたため会場はかなりの暑さとなりました。それでも子どもたちは暑さにへこたれることもなく、元気な姿を見せてくれました。ご家族の方々からも沢山の声援を送って頂き、無事に終えることが出来たことに、改めて御礼申し上げます。本当にありがとうございました。

入場行進の様子です。

フィナーレの様子です。

園内研修を行いました。

8月3日(土)に、タイトルにある通り園内研修を行いました。「子どもたちがケガをした場合の対応について」などをテーマに、グループに分かれて話し合いを行い、難しい点などをピックアップし、その後グループごとでの発表とまとめ、その後に総括という流れで進みました。特に子どもが怪我をした場合の対応については多くの議論がなされていたようです。外部の研修への参加も多く行っていますが、園内の実践に基づいた研修を大切にし、より丁寧な保育を目指していきます。

幼稚園部・保育園部の主幹保育教諭(主任)が進行役で進みます。

発表の様子です。緊張しながらも、しっかりと発表してくれていました。

まとめの様子です。皆熱心に聞き入っていました。

本日は七夕祖父母会です。

本日7月5日(金)は、タイトルにある通り『七夕祖父母会』を行います。数年前より始まり、だんだんと恒例行事として定着してきたものですが、今年は約180名の方がお越し下さるということで、子どもたちだけではなく、先生たちも張り切って(緊張して)います。  私たちが行事などを行う際に最も大切に思うことの一つとして、子どもたちが一人ひとりなりの頑張りでもって一生懸命に物事に取り組んでくれるように寄り添うことは大前提ですが、保護者やご家族に見に来て頂いたり参加して頂いたりしたことが、子どもたちと同様に保護者やご家族の方々にとって「楽しかった!」といった充実した思いを共感してもらえるようであって欲しいということがあります。駐車場が限られていることなど、幾つかの制約についても常に温かいご理解を頂き、そして見守って頂いていることに、保護者の方々そしてご家族の方々に心よりの感謝を教職員一同は常に胸に持ち、これからも子どもたち寄り添って参ります。

ご厚意により頂いた、祖父母会の会場ステージ上から吊り下げられた立派な笹です。こちらも楽しんでいただければと思います。

祖父母会前日の様子です。全体像としてのステージ上の様子です。 前日なので、洗濯物が干してあることはご勘弁ください。

幼稚園部玄関の水槽。

そういえば、タイトルにある通り、春に水槽が一新されました。とはいってもそれまでいたお魚さんたちをどうこうしたわけではなく、その子たちは一旦専門の業者さんに大切に預かってもらい、そのうえで新しくなった水槽へ他の仲間たちも加わってのお引越し、といった流れでした。定期的に専門の方に清掃やごはん、そして飾り付けをしていただき、子どもたちも楽しんでくれているようです。今回は最近の様子をお伝えします。

水槽の中に誰かいますね。だれでしょう? ↓

おわかりでしょうか?

このページの先頭へ